ウーマン

本当に役立つサプリメント『関節痛などの辛い痛みに』

目の疲れと頭痛の関係

パソコンと女の人

頭痛が起こる理由

ひどい頭痛が、眼精疲労からきている場合があるようです。なぜ、目の疲れで頭痛が起きるかですが、頭蓋骨にある「蝶形骨(ちょうけいこつ)」が関係しているとされています。蝶形骨とは、頭蓋骨の真ん中にある蝶が羽ばたいたような形をしている骨で、ここに目とつながっている神経や血管が集まっています。目を酷使することにより血管や神経が圧迫されるため、頭痛が起こります。眼精疲労を改善する方法ですが、目に疲れを感じたら目を休めたり、目にストレスを与えない工夫をすることが大切です。長時間スマホを見たり、部屋の明るさに気をつける必要がありますが、眼精疲労を緩和するには、目に栄養を与えることもポイントのひとつとなります。

目に良い食べ物

目に良いとされる栄養素として、目の粘膜に関係する「ビタミンA」や「ビタミンE」、「アントシアニン」などがあげられます。ビタミンAが多く含まれている食べ物には、肉のレバーやうなぎなどがあります。ビタミンEは、エビやイカ、ほうれん草やかぼちゃなどの野菜に入っています。また、アントシアニンという成分は、カシスやブルーベリーなどの果物に含まれています。ただし、これらの食材を食事から摂るのが難しい場合は、サプリメントなどから摂取するのもよいでしょう。眼精疲労は食事の栄養に気をつけて、身体の内側からも改善させることも大切です。目に良い食べ物をできるだけ食べるようにし、目が疲れたら休ませることで眼精疲労は次第に改善されていきます。